消防設備

ABOUT 消防設備とは

  • 災害から守るために設ける設備

    消防設備とは建物や居住者、ご利用者を安全に火災から守るために設ける設備の事です。

    (法令上では消防用設備等という)


    消防設備を設置する主な目的は「早期に火災を感知し、火災発生を知らせる」「人の安全や迅速な避難を助ける」 「初期消火により、火災の拡大をおさえ、鎮火させる」「消防隊の活動上必要な機能を備える」など重要な設備になります。


    九州防災工業ではこの消防設備の取り付け、設計、メンテナンスを一貫して行っております。

  • 災害から守るために設ける設備

EQUIPMENT 主な防災・消防設備

  • 警報設備自動火災報知設備・非常警報設備・非常放送設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備など
  • 消火設備消火器・スプリネックス・屋内消火栓設備・スプリンクラー設備など
  • 主な防災・消防設備
  • 主な防災・消防設備
  • 主な防災・消防設備
いざという時のために定期的な点検、メンテナンスを行いましょう。

OUR WORK 九州防災工業が行っている事

  • メンテナンス

    警報設備や消火設備は故障しても教えてくれません。いざという時の為に設備が正しく機能しているかを経験豊富な弊社の有資格者が定期点検、メンテナンスを行います。
    消防法では建物の管理者は、設置された消防用設備の定期点検を実施し、消防長又は消防署長に報告する義務があります。
    九州防災工業株式会社では各設備の有資格者が確実な点検・改修を実施し、皆様に安全かつ安心な環境をお届けします。

    • メンテナンス
    • メンテナンス
  • 設置施工

    様々な建物の規模、構造、用途に合わせて適切でかつ効果的な警報設備や消火設備を設置致します。設置後の定期点検やメンテナンスなどのアフターフォローもしっかりさせていただきますので、ご安心ください。
    長年の経験から設備のご提案をさせていただきますので、新築の際や現在の設備を取り替え予定の際などお気軽にご相談下さい。

    • 設置施工
    • 設置施工
  • 設計

    これからの消防設備は今まで以上に、建物の構造や立地条件などの諸事情に合わせて最適な消防設備の設計力が求められてます。 九州防災工業株式会社では長年蓄積してきたノウハウを使ってそれぞれの状況によって異なる様々なご要望に的確にご対応をさせていただきます。 もちろんコストなどのご要望に合わせることも可能です。
    これから一般住宅、ビル、マンション、工場などを建てる方、消防署から指導を受けた方、消防法改正により消防設備の設置が必要になった、ビルやマンション、工場などの管理者の方、建物の増改築を行う予定の方、法令で指定されていないが、安全上または火災発生の恐れがあるので消防設備の設置を望む方 などご相談下さい。もちろん現在の設備のご相談もお受けいたします。

    • 設計
    • 設計

WORKS 最新施工

消毒液とお酒が危険物になる?

その他

まさか火災の原因になるとは…

 

思ってもみなかった身近な生活用品が火災の原因になることがあります。

 

最近では、消毒用アルコールが手指の消毒や除菌等に使用されることが多くなっています。

 

アルコールは引火しやすい性質を持っています。

 

使用や保管の際は火気に近づけないようにしましょう。

 

 

また、お酒も注意が必要です。

 

お酒をついで、タバコに火をつけようとしたら発火してしまった!

 

なんてことにもなりかねません。

 

お酒の炎は青く、照明によっては炎が見えにくくなってしまうことがあります。

 

そのまま飲んでしまったら…と考えるとぞっとしませんか?

 

 

日用品であっても、飲料用であっても、アルコールの使用と保管には十分に注意しましょう(*’▽’)

大切に・丁寧に点検します!

消防設備

スタッフの技を磨く、貴重な時間となりました。

 

”キューボー”にて、消防設備に詳しい講師をお招きして消防設備点検の講習を実施しました。

 

テキストでは学ぶことのできない、熟練した講師の経験や技をたくさん教えて頂きました。

 

これからも、消防設備の点検が出来るだけではなく、

 

質の高い点検が出来る”キューボー”であることにこだわっていきます!

 

消防設備点検のことなら安心して”キューボー”にご相談ください。

 

大切な建物を細部まで丁寧に点検させていただきます(`・ω・´)!!

家庭内でも火災予防のプロになる!

消火器

弊社スタッフの家族が消防局の防火ポスターコンクールで表彰されました!
普段からたくさん建物の火災について考えているスタッフは、もちろん家庭内でも火災予防のプロです。
予防は意識から。
火災についての意識は薄れがちです。
自然災害に対する準備はしっかりと出来ているけど、火災のことは忘れがちではありませんか?
しかも、建物火災の中ではほとんどの方が住宅火災で亡くなっています。
一番身近な火災は自分の家で起こるということです。
火の取り扱いに気を付けるのはもちろん、火事になったときすばやく消火することも大切です。
恐ろしい火災でも小さな火のうちは誰でも十分に消火できます。
その備えとして、消火器を設置しませんか?
消火器なら、水をかけてはいけない種類の火災にも使用することができます
どれを選んだらいいのか分からない。
インテリアにあったものが欲しい。
今家にあるのは使えるの?処分は?
など、分からないことは’キューボー’までお気軽にお問合せください。
お客様のご自宅にベストな消火器をご提供させていただきます!
古い消火器は早めの交換を!

消火器

この消火器使えるのかな…?

 

ご自宅や職場に、古い消火器はございませんか?

 

いざ処分しようと思っても、どこに、どうやって処分すればいいのか分からないという方も多くいらっしゃいます。

 

消火器は決して燃えないゴミ(不燃ごみ)にだしてはいけません!

 

消火器は製造年から8~10年で交換(住宅用消火器は5年)で交換推奨時期となります。

 

また、消火器は大きな圧力がかかっています。

 

サビや腐食、容器の変形がある場合は、爆発の危険性があるため製造年にかかわらず交換をご検討ください。

 

消火器の点検、交換、廃棄ともにキューボーにお任せください。

 

廃棄のみのご依頼、お問合せもお待ちしております(*’▽’)!

 

 

※画像提供元 モリタ宮田工業株式会社様