消防設備

ABOUT 消防設備とは

  • 災害から守るために設ける設備

    消防設備とは建物や居住者、ご利用者を安全に火災から守るために設ける設備の事です。

    (法令上では消防用設備等という)


    消防設備を設置する主な目的は「早期に火災を感知し、火災発生を知らせる」「人の安全や迅速な避難を助ける」 「初期消火により、火災の拡大をおさえ、鎮火させる」「消防隊の活動上必要な機能を備える」など重要な設備になります。


    九州防災工業ではこの消防設備の取り付け、設計、メンテナンスを一貫して行っております。

  • 災害から守るために設ける設備

EQUIPMENT 主な防災・消防設備

  • 警報設備自動火災報知設備・非常警報設備・非常放送設備・ガス漏れ火災警報設備・消防機関へ通報する火災報知設備など
  • 消火設備消火器・スプリネックス・屋内消火栓設備・スプリンクラー設備など
  • 主な防災・消防設備
  • 主な防災・消防設備
  • 主な防災・消防設備
いざという時のために定期的な点検、メンテナンスを行いましょう。

OUR WORK 九州防災工業が行っている事

  • メンテナンス

    警報設備や消火設備は故障しても教えてくれません。いざという時の為に設備が正しく機能しているかを経験豊富な弊社の有資格者が定期点検、メンテナンスを行います。
    消防法では建物の管理者は、設置された消防用設備の定期点検を実施し、消防長又は消防署長に報告する義務があります。
    九州防災工業株式会社では各設備の有資格者が確実な点検・改修を実施し、皆様に安全かつ安心な環境をお届けします。

    • メンテナンス
    • メンテナンス
  • 設置施工

    様々な建物の規模、構造、用途に合わせて適切でかつ効果的な警報設備や消火設備を設置致します。設置後の定期点検やメンテナンスなどのアフターフォローもしっかりさせていただきますので、ご安心ください。
    長年の経験から設備のご提案をさせていただきますので、新築の際や現在の設備を取り替え予定の際などお気軽にご相談下さい。

    • 設置施工
    • 設置施工
  • 設計

    これからの消防設備は今まで以上に、建物の構造や立地条件などの諸事情に合わせて最適な消防設備の設計力が求められてます。 九州防災工業株式会社では長年蓄積してきたノウハウを使ってそれぞれの状況によって異なる様々なご要望に的確にご対応をさせていただきます。 もちろんコストなどのご要望に合わせることも可能です。
    これから一般住宅、ビル、マンション、工場などを建てる方、消防署から指導を受けた方、消防法改正により消防設備の設置が必要になった、ビルやマンション、工場などの管理者の方、建物の増改築を行う予定の方、法令で指定されていないが、安全上または火災発生の恐れがあるので消防設備の設置を望む方 などご相談下さい。もちろん現在の設備のご相談もお受けいたします。

    • 設計
    • 設計

WORKS 最新施工

古い消火器は早めの交換を!

消火器

この消火器使えるのかな…?

 

ご自宅や職場に、古い消火器はございませんか?

 

いざ処分しようと思っても、どこに、どうやって処分すればいいのか分からないという方も多くいらっしゃいます。

 

消火器は決して燃えないゴミ(不燃ごみ)にだしてはいけません!

 

消火器は製造年から8~10年で交換(住宅用消火器は5年)で交換推奨時期となります。

 

また、消火器は大きな圧力がかかっています。

 

サビや腐食、容器の変形がある場合は、爆発の危険性があるため製造年にかかわらず交換をご検討ください。

 

消火器の点検、交換、廃棄ともにキューボーにお任せください。

 

廃棄のみのご依頼、お問合せもお待ちしております(*’▽’)!

 

 

※画像提供元 モリタ宮田工業株式会社様

 

照明器具・誘導灯のLED照明化!!

その他

皆さま、照明器具のLED化はお済みでしょうか!?

 

来年度より、各メーカーで水銀が使用されている蛍光灯は生産終了となります。

 

各家庭やオフィスはもちろん、消防設備である誘導灯もLED照明が主となります。

 

まだ取替がお済みでない方は、早目のご計画をオススメします。

 

キューボーでは、誘導灯、照明器具どちらも施工可能ですので、

 

お気軽にご相談ください!!

夏も終わり、秋になります。

その他

セミの声もほとんど聞かなくなり、夏がおわりましたね。

 

今年もキューボーは熱中症などで倒れる人も出ず、夏を乗り切ることができました♪

 

しかし、まだ温暖化の影響か、暑い日もまだまだあります。

 

油断せず水分補給、休憩をこまめにして安全第一で工事をしていきます!

 

みなさんも無理はせず、安全第一で仕事に取り組んでいきましょう!

 

それでは!

 

ご安全に!

9月1日は「防災の日」

消防設備

1960年9月1日に制定されました。

 

1923年のこの日に関東大震災が発生したことや、

 

例年この時期に台風の襲来が多いことより9月1日は「防災の日」とされています。

 

もしもの時に備えて、

 

① 防災グッズや備蓄の準備・点検をしましょう。

 

② 避難経路や場所を確認しましょう。

 

③ 災害について認識を深めましょう。

 

風水害に備えることはもちろん、この時期から火災も多く発生します。

 

消火器で初期消火できれば最小限の被害で抑えることができます。

 

火が出たことを早期に発見するには、住宅用警報器や自動火災報知設備(非常ベル)があると安心です。

 

「防災の日」に、災害から身を守ることをもう一度考えてみましょう。