住宅用防災機器

ABOUT 住宅用防災機器とは

  • ご自宅とご家族を火災から守ります

    住宅用防災機器とは建物や居住者、ご利用者を安全に災害から守るために設ける設備の事です。具体的には、住宅用火災警報器や消火器、地震保安灯、防災グッズなどです。


    2009年6月1日より一般住宅の「煙式住宅用火災警報器」の設置が義務となりました。
    販売から施工まで一貫してご対応が可能となっておりますので、新築、取り換えを検討の方、まだ取り付けされていない方など、九州防災工業では、住宅用防災機器の設置、取り換え、点検、メンテナンス、撤去などご対応させていただきます。お気軽にご相談下さい。

  • ご自宅とご家族を火災から守ります

EXTINGUISHER 消火器

  • 取り付け

    消火器の設置義務の基準は面積や用途、構造などにより決まっております。
    住宅などでは義務はありませんがもしもの時に備えて消火器の設置をお勧めしております。
    弊社では、場所に合わせて小型のものから、工場などに設置する大型のものまで多種多様な消火器をご用意することが可能です。

  • 取り付け
  • メンテナンス・回収

    消火器も他の設備と同様に定期的なメンテナンス、点検が必要です。
    もしもの時に消火器が使えない...
    こんなことにならないために定期的に点検をお勧めしています。
    また古くなってしまった消火器や引っ越しをする際などの処分は、弊社が回収作業をさせていただきます。お気軽にご連絡下さい。

  • メンテナンス・回収

このような場合はご連絡ください

  • 古い消火器を回収してほしい

    ご家庭にある古い消火器を処分したいけど処分方法が分からない...。
    よくいただくご相談内容です。
    弊社では、回収のみのご相談もおうけいたしますので、まずはお問い合わせフォームまたはお電話でご連絡下さい。

  • 念のため消火器を設置したいが何が良いのかわからない

    ご予算や建物の面積、構造、設置場所などお客様のご要望をしっかりとお聞きし最適なものをご提案させていただきます。その他、使い方のご説明もしっかりとさせていただきますので、ご安心下さい。

FIRE ALARM 住宅用火災報知器

  • 取り付け

    住宅用火災警報器は、もしもの火災から逃げ遅れを防ぐなど、ご家族を守る大切なものです。
    適正な場所に適正な数の住宅用火災警報器を設置致します。
    弊社では、販売から取り付けまで一貫して行っておりますので詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 取り付け
  • 回収・交換

    住宅用火災警報器は電池式の場合、約10年で交換が必要です。
    新しい警報器に交換する場合の回収作業や交換作業などもご対応可能です。

  • メンテナンス・回収

このような場合はご連絡ください

  • 点検を一回も行ったことがないから動くか不安

    電池切れやセンサー異常などで、正常に動作しない場合がございます。住宅用火災報知器は定期的な点検をお勧めしております。弊社は他の業者様で取り付けたものでも点検、メンテナンスのご対応をさせていただきますので、まずはお問い合わせ下さい。

  • 設置して10年以上経った

    住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。
    寿命は約10年になりますので、10年を目安に交換をお勧めしております。

WORKS 最新施工

夏も終わり、秋になります。

その他

セミの声もほとんど聞かなくなり、夏がおわりましたね。

 

今年もキューボーは熱中症などで倒れる人も出ず、夏を乗り切ることができました♪

 

しかし、まだ温暖化の影響か、暑い日もまだまだあります。

 

油断せず水分補給、休憩をこまめにして安全第一で工事をしていきます!

 

みなさんも無理はせず、安全第一で仕事に取り組んでいきましょう!

 

それでは!

 

ご安全に!

9月1日は「防災の日」

消防設備

1960年9月1日に制定されました。

 

1923年のこの日に関東大震災が発生したことや、

 

例年この時期に台風の襲来が多いことより9月1日は「防災の日」とされています。

 

もしもの時に備えて、

 

① 防災グッズや備蓄の準備・点検をしましょう。

 

② 避難経路や場所を確認しましょう。

 

③ 災害について認識を深めましょう。

 

風水害に備えることはもちろん、この時期から火災も多く発生します。

 

消火器で初期消火できれば最小限の被害で抑えることができます。

 

火が出たことを早期に発見するには、住宅用警報器や自動火災報知設備(非常ベル)があると安心です。

 

「防災の日」に、災害から身を守ることをもう一度考えてみましょう。

墜落制止用器具の関連法令

その他

今回は、墜落制止用器具(安全帯と呼ばれていたもの)について、ご紹介します。

 

工事現場で最も多い死傷事故として、墜落があげられます。

 

墜落制止用器具とはその名の通り、墜落による事故を軽減するための器具となります。

 

一般的には胴ベルト型のものが使用されていましたが、内臓の圧迫、

 

損傷等の二次災害が指摘されるようになりました。

 

それに伴い、労働安全衛生法上で2022年1月1日以降、

 

胴ベルト型からフルハーネス型への使用が義務付けられることになりました。

 

九州防災工業㈱はその法令改正に先駆け、現場作業員全員に、

 

フルハーネス型墜落制止用器具の特別教育の受講を義務付け、

 

お客様からの高所作業の伴う工事依頼に対しても、

 

安全第一でお受けできるよう、準備を進めて参ります。

 

いよいよ夏到来!!

その他

福岡市内ではセミが鳴きはじめました!!いよいよ本格的な夏がやってきますね!!

 

海や山など、行楽シーズンで、楽しい事が盛りだくさんの夏ですが、

 

みなさんは熱中症の対策はしっかり行っていますか?

 

「私は大丈夫」なんて考えていると、後悔するかも・・・。

 

こまめな水分補給やエアコンの利用でしっかり対策を行い、楽しい夏にしてくださいね!!

 

キューボーでは、空調服やポロシャツの導入をして、あつ~い夏を突っ走ります!!

 

消防設備などの事でお困りのことがあれば

 

ぜひ、お気軽にお問合せください!!